なぜ投資が必要なのか

投資とは

投資と言われてはじめに思いつくのは「株式投資」「不動産投資」「自己投資」などでしょう。

これらの投資に共通していることは「リターンがある」ということです。

つまり、「リスクを受け入れ、リターンをもらう」ことが投資なのです。

リターンとは

リターンはおおきく分けると2種類あります。

「投資したもの自体の価値が上がる」パターンと「投資したものがお金を産む」パターンです。

投資したもの自体の価値が上がる
  • 1株1000円で買った株を1200円で売る
  • 1000万円で買った土地を1500万円で売る
投資したものがお金を産む
  • 株式の配当金
  • 銀行預金の利息
  • 不動産投資の家賃収入
  • 自己投資をして転職もしくは昇格し給料が増える

リスク

リターンを得るためには、リスクを取らなければいけないのが投資です。

投資をするときリスクとリターンは比例関係にあります。

高いリターンを求めればリスクも高くなります。

低いリスクで投資をすればリターンも低くなります。

どんな投資でも「ローリスク・ハイリターン」ということはありえないのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事