ドラム式洗濯機の機能一覧!機能を絞れば安く買えます

時短家電としても有名なドラム式洗濯機ですが、最近はさまざまな機能が追加されています。

多機能なものはその分値段も高く、手を出しにくいのが現状かと思います。

わたしもドラム式洗濯機を購入するためにいろいろ調べましたが、同じような機能でもメーカーによって名前がぜんぜん違うのでどれにしようかすごく迷いました。

また、購入した後に「あの機能あればよかった…」反対に「高いお金を出したけどこの機能使わないな」といったことはぜひとも避けたいところです。

この記事を読むことで、どんな機能が必要かじっくり考え、最低限の金額でドラム式洗濯機を購入することができるようにサポートできればと思います。

乾燥方法

まずはドラム式洗濯機のメインの機能ともいえる乾燥機能です。

乾燥を目的にドラム式洗濯機を選択する人が大多数だと思います。

そんな乾燥ですが、大きく3つのタイプに分けられます。

ヒーター式

1つ目はヒーター式です。

ヒーター式の原理はドライヤーと同じです。電気を熱に変え、その熱(温風)で洗濯物を乾燥させます。

本体価格は他の乾燥方法に比べて安く、高温で乾燥させるためニオイの原因となるカビや菌を死滅させることが出来ます。

しかし、熱を発生させるために電気を使うので、電気代が高くなります。

また、高温で乾燥させるため、衣類へのダメージが大きくなります。

ヒートポンプ式

2つ目はヒートポンプ式です。

ヒートポンプ式は空気中の熱を集め、除湿してから洗濯物にぶつけます。

電気で熱を発生させるヒーター式と比べて電気代が安く、60℃程度で乾燥させるため、衣類へのダメージも小さいです。

一方で、本体価格が高く、乾燥に時間がかかります。

また、ヒーター式に比べて低温での乾燥になるので、カビや菌によるニオイ対策が必要になります。

ヒートリサイクル式

3つ目はヒートリサイクル式です。

ヒートリサイクル式は日立独自の乾燥方法です。

洗濯機から発生する熱を再利用して洗濯物を乾燥させます。

どちらかというとヒートポンプ式に似ていますが、省エネの観点で言えばヒートポンプ式よりもヒートリサイクル式のほうがエコだと言えます。

乾燥方法メリットデメリット
ヒーター式・本体価格が安い
・乾燥が早い
・ニオイ対策が不要
・衣類へのダメージが大きい
・電気代がかかる
ヒートポンプ式・電気代が安い
・衣類へのダメージが少ない
・本体価格が高い
・ニオイ対策が必要
ヒートリサイクル式・電気代が安い
・衣類へのダメージが少ない
・本体価格が高い
・ニオイ対策が必要

温水洗浄

次に温水洗浄です。

PanasonicのHPより引用

上の写真にあるように、温水を使うことで皮脂を溶かすことができ、黄ばみの予防にも繋がります。

場合によっては、すでについてしまった黄ばみを落とすこともできるようです。

また、洗剤の中の酵素は40℃で活性化され、洗浄力が最も高くなります。

しかし、温水洗浄も洗濯表記に適さない温度で洗濯してしまうと衣類を傷める原因になるので注意しましょう。

また、1回あたりの洗濯にかかる電気代も普通の選択に比べると高いので毎回の洗濯で温水洗浄をするのは現実的ではないでしょう。

白のシャツをよく着るサラリーマンの方などに重宝する機能だと思います。

遠隔操作

最近話題のIoTですが、洗濯機にも取り入れられています。

洗濯の開始と洗濯終了を知らせてくれる機能がメインになります。

外出先からスマホで洗濯を開始し、帰ったら洗濯が終わっている。ということも可能です。

また、洗濯終了を教えてくれるため、洗濯機から離れた場所で別のことをすることもできます。

自動投入機能

洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる機能です。

あらかじめ専用のタンクに洗剤と柔軟剤を入れておけば、洗濯物の量や選択コースに適した量の洗剤と柔軟剤を投入してくれます。

自動投入を取り入れる場合は、タンクの大きさに注意しましょう。

詰替え用のものが1回で入り切るサイズのタンクがおすすめです。

先述した遠隔操作と組み合わせることで、洗濯物を洗濯機に入れておけば、スマホで洗濯スタートの指示を出すだけで乾燥まで終わらせることもできます。

しかし、自動投入は上位機種についているため本体価格が高いです。

また、最近はジェルボールなどを使うことで洗剤と柔軟剤を簡単に入れることもできるため、優先度は低めでしょう。

しかし、洗剤の入れ過ぎはすすぎ不足による肌トラブルなども防ぐことができるので、適切な量を自動で入れてくれる機能が便利であることは確かです。

泡洗浄

泡洗浄はパナソニック独自の機能です。

洗剤を泡立ててから投入することで、通常よりも洗浄力をアップさせることができます。

洗剤の洗浄力は界面活性剤によるものですが、泡立てることで界面活性剤が集まり高い洗浄力を発揮するようです。

また、泡立ててから投入することで泡切れが良くなり、すすぎ残しが原因の黒カビの予防にもなります。

泡切れが良くなる理由はハンドソープと同じです。

液体タイプより泡タイプのほうがヌルヌルが取れるのがはやいのと同じように、洗濯用洗剤も泡タイプの方が泡切れがよく、すすぎの残しが少なくなります。

温水洗浄と合わせて使うことでとても高い洗浄力を発揮してくれます。

※日立の同じような機能にナイアガラ洗浄というものがあります。

風アイロン

風アイロンは日立独自の機能です。

洗濯槽内の湿度をコントロールし、時速300kmの風を当てることでシワを伸ばしています。

洗濯物の量にもよりますが、3kgではほとんどシワが目立たず、そのまま着て外出できるレベルです。

また、低温で乾燥させるため衣類へのダメージも少ないです。

まとめ

ドラム式洗濯機の機能をいくつかご紹介しました。

細かい機能はいろいろあるためきりがないと思いますが、主要な機能は抑えられていると思います。

機能を減らせばその分本体価格は安くなります。

どの機能が必要かは人によって異なるので、ぜひ自分にはどの機能が必要なのかを考える参考にしてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事