家計を見直すための『個人のバランスシート』どう役立てる?FPが解説します!

家計を見直すために個人のバランスシートがいいらしいけど、どうやって使うの?と疑問に思ったことはありませんか?

バランスシートはもともと企業の財政状況を表すために作られたものです。そのため、一般の人には馴染みがなくよくわからない…という方がほとんどです。

わたしは、FPの勉強をしてからバランスシートを使って資産管理をするようにしています。以前は家計簿で支出を把握するだけでしたが、バランスシートを使うようになってからは現状を把握して、お金をどう動かせばいいのか(貯金優先、投資に挑戦など)を明確にすることができるようになりました。

この記事ではバランスシートが家計を見直すのにどう役立つのかをFPの視点から解説します。

この記事を読むことで、自分の資産状況を明確にし、今後どのような対策が必要なのかわかるようになります。

バランスシートとは

バランスシートとは「資産」「負債」「純資産」を、ひと目でわかるようにした表のことです。

もともとは企業の財務状況を見るためのものでした。それを個人でも活用することで家計を見える化することを目的にしています。

では具体的に何が資産で何が負債になるのでしょうか?

日本FP協会HP参照

これは日本FP協会が提供しているバランスシートのテンプレートです。

この表から資産と負債にどのようなものがあるのかわかります。

資産
  • 現金
  • 預貯金
  • 保険
  • 有価証券(株や債券)
  • 住宅
負債
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • クレジットカードの支払い
  • 奨学金

バランスシートをどう役立てる?

では、このバランスシートはどのように役立つのでしょうか?

バランスシートは資産全体を把握するために使われます。

資産全体を把握することで、今後お金をどう動かすかを決める判断材料になります。

  • 借金返済を優先するのか
  • 投資で運用するのか
  • 現金で貯金するのか

お金の動かし方は、年齢やその人の状況によって異なりますが、資産全体を見て今後のお金の動かし方を考えるために、バランスシートはとても役に立ちます。

ここで、家計簿ではダメなのか?という疑問が浮かんだ方もいるかもしれません。

もちろん、資産を管理するために家計簿は欠かせません。

しかし、家計簿とバランスシートでは使う目的が異なります

家計簿の目的は毎月の支出を正しく把握することです。一方、バランスシートの目的は自分の資産全体を見ることです。

支出を正しく把握することの重要性はこちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひご覧ください。

具体的なイメージを持ってもらうために、1つ例を紹介します。

このバランスシートを例に考えてみましょう。

このバランスシートから以下の3つのことがわかります。

  • 現金での貯金がしっかりある
  • 投資を行っている
  • 奨学金の返済額が多い

このように問題点をはっきりさせたら、つぎに対策を立てます。

対策は目標をもとに考えるといいです。

10年後には奨学金の返済を終わらせたい」が目標なら、「給料だけでは難しいから投資で増やしながら返済をしよう」と対策を立てられますね。

また、キャッシュフロー表と現在の純資産を見比べることで、予定通りにお金が動いているかどうかを見ることもできます。

もし、予定と大きく差があるようなら、もう一度キャッシュフロー表を作り直したほうがいいかもしれません。

この問題点の発見と対策を立てるというのは、家計簿だけではなかなか難しいです。

一方で、バランスシートでは家計簿のように「いつ、何に、いくら使った」かを見ることができません。

家計簿とバランスシートの使い分けもわかっていただけたのではないでしょうか?

今回の例は社会人1年目のものなので記載するものが少ないためかなりシンプルでした。

しかし、30代、40代と年齢が上がるにつれて住宅ローンやカーローンなどが絡んで複雑になります。

複雑になればなるほど、バランスシートが力を発揮します。1年に1回でもいいので作ってみましょう。

バランスシートの役立たせ方
  • 資産と負債を書き出し、全体を見ることで家計の問題点を見つける
  • 今後どのようにお金を動かすかの対策を立てる
  • キャッシュフロー表と見比べて、大きく違わないかを確認する

まとめ

バランスシートは家計全体を把握し、今後のお金の動かし方を決めるためのツールです。

家計簿と組み合わせることで、資産形成の強い味方になります。

家計簿と違って、1年に1回つけるだけで効果があるので、ぜひ作ってみてください。

この記事が役に立ったな〜と思っていただけたらSNSなどで拡散していただけるとうれしいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事