社会人1年目でもわかる!所得税についてかんたんに解説+全社会人におすすめの『お金の資格』もご紹介


学生から社会人になって大きく変わるのがお給料や税金です。

アルバイトの場合はほとんどを手取りでもらうことができますが、社会人になるとそうはいきません。

稼いだお金から「所得税」や「住民税」、「社会保険料」などいろいろなものが天引きされてから私達の懐に入ってきます。

頑張って働いた成果である給与を「なに」「いくら」使っているのかを把握することは大切なことです。

それは税金など天引きされるものでも同じです。

この記事では所得税について一緒に確認していきましょう。

住民税や社会保険料についてはまた別の記事を作ります。

ではさっそく所得税ってなに?というところから始めていきます。

所得税とは?

所得税とは個人が「1年間(1/1~12/31)で得た所得(稼いだお金)」から「必要経費」や「控除」を引いた金額にかかる税金のことです。

所得税とは?

所得税=(1年で得た所得−必要経費−控除)にかかる税金

所得とは「基本給」や「残業代」、「ボーナス」などのことで、「交通費」などの手当は含まれません。

この所得から必要経費と控除が引かれ、そこに税率をかけた金額が私達が収める所得税になります。

必要経費とは収入を得るために使った費用のことです。

主に個人事業主が使うもので、原則会社員の方は必要経費を使うことができません。

控除とは支払う税金を安くする制度のことです。

後々払うもの(生命保険料や社会保険料など)を税率を掛ける前に支払っておくことで手元にのこるお金を多くできます。

下の図を見てもらうとわかりやすいです。

どちらの図も「税率は●の20%」「支払いは●2つ」とします。

税金を払ってから支払いをする(左側)よりも、支払いをしてから税金を払ったほう(右側)が手取りが最終的に残る●(手取り)が多いですね。

所得税率

つぎに所得税率についてです。

日本の所得税率は累進課税で、所得が増えるほど税率も高くなります。。

下の表が現在の所得税率です。

課税される所得金額税率控除額
195万円未満50
195万円以上、330万円未満1097,500
330万円以上、695万円未満20427,500
695万円以上、900万円未満23636,000
900万円以上、1800万円未満331,536,000
1800万円以上、4000万円未満402,796,000
4000万円以上454,796,000
国税庁HP (https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm)より

累進課税には「単純累進課税」と「超過累進課税」2種類があります。

まず1つ例をあげてみます。

所得金額が891万円の人と901万円の人がいました。

単純累進課税の場合と超過累進課税の場合で比較してみます。

単純累進課税

891万円の人:税率23%→税金204万円

901万円の人:税率33%→税金297万円

超過累進課税

891万円の人:税率23%→税金141万円(204万−64万)

901万円の人:税率33%→税金143万円(297万−154万)

※−64万や−154万は控除額です。

単純累進課税では10万円の収入の差で税金が93万円も変わってしまいます。

一方で超過累進課税では税金の差は2万円と妥当な数字になっています。

このように、単純累進課税では少しの所得の差が大きな税金の差になってしまいます

それを防ぐのが超過累進課税です。

下の計算を見ていただけるとわかりますが、0〜194万円までは5%、194〜329万円までは10%とそれぞれに税率をかけることで、単純累進課税の問題点をカバーしています。
※実際には逐一計算するのではなく、控除で対応しています。

超過累進課税の計算

891万円の人の計算式
194万×0.05+(329万-194万)×0.10+(694万-329万)×0.2+(891万-694万)×0.23=141万

901万円の人の計算式
194万×0.05+(329万-194万)×0.10+(694万-329万)×0.2+(899万-694万)×0.23+(901万-899万)×0.33=144万

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は所得税について簡単に見ていきました。

給料から天引きされているものに対する関心が薄く、なにがいくら引かれているのか気にしていない人も多いと思います。

お金の話は知らないと損をすることがたくさんあります。

ぜひアンテナを立てて情報をキャッチし、損をしないようにしてください。

おすすめ資格

社会人として知っておきたいお金の知識を網羅的に学べる資格で「ファイナンシャルプランナー3級」がおすすめです。

わたしも3級の資格を持っていますが、知っておくだけで得する情報がたくさん詰まっています。

資格を取る必要はありませんが、スキマ時間にパラパラ読んでみるときっと役に立ちます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事