【レビュー】『人は話し方が9割』の要約

人は話し方が9割という本を読みました。

この本にはどんな話し方をすれば人間関係がうまくいき、もう一度会いたいと思ってもらえるのかが書かれていました。

みなさんは話し方ときいてどんなことをイメージしますか?

この本には日常的な会話のコツが書かれていました。

同僚との雑談パートナーとの会話などに着目しています。

まず、この本の結論です。

ずばり、会話は「聞き方が9割」です。

わたしがこの本に書かれていることの中で大事だと思ったポイントは、「相手に関心を持つ」ことと「嫌われない」ことでした。

なぜ聞き方が9割なのか

そもそもなぜ会話で聞き方が大事なのでしょうか?

それは「人は自分に関心を寄せてくれる人を好きになる」からです。

自分の話に興味を持ってくれる人との会話は楽しいですが、反対に何を言っても否定してくる人との会話はつかれますよね?

人は自分の話をしっかり聞いてくれる人に好印象を抱くそうです。

では人に好かれる聞き方とはなんでしょうか?

この本では様々な方法が紹介されていましたが、今回はその中から2つご紹介します。

相手に関心を持つ

まず1つ目は相手に関心を持つことです。

先程も述べたように、人は自分に興味を持ってくれる人を好きになります。

つまり、わたしはあなたに興味があります。ということを示さなくてはいけません。

その方法の1つに拡張話法が紹介されています。

拡張話法

拡張話法とは会話の中に「感嘆・反復・質問・共感・称賛」を取りいれることで、相手の会話を膨らませる方法です。

わたしはこの中でも「感嘆・反復・質問」が大切だと思いました。

感嘆とは言葉に感情を乗せることです。

イメージとしては言葉の最後に絵文字を付ける感覚です。

また、この絵文字の部分をのばすことで感情が伝わりやすくなります。

例えば、「そうなんですね」ではなく、「そうなんですねー!」といった感じです。

実際に声に出してみてください。違いがよく分かると思います。

反復とはオウム返しのことです。会話の中でオウム返しが有効なことはよく知られている話です。

また、反復の際にプラス一言つけられるとさらにいいと思います。

反復することで、相手が話の続きを話しやすくなります

「最近犬を飼い始めたんだ」と言ったときに「へー」と言われるよりも「へー犬飼い始めたんだ!」と言ってもらえたほうが続きを話しやすいと思いませんか?

また、このようなときに質問を付け加えることも効果的です。

「へー犬飼い始めたんだ!なんて犬?」

このように質問を混ぜることで相手の話を中心に話題を拡げる事ができます。

お笑い芸人のような喋りのプロでもない私たちが自分のトークで人を引きつけるのは難しいです。

しかし、拡張話法ができると相手がどんどん話をしてくれるので、うまく会話をすることができます。

嫌われないこと

好かれることよりも大事なのが2つ目の嫌われないことです。

印象はゼロからプラスに上げるよりも、マイナスからゼロにする方が圧倒的に難しいです。

そのため、好かれる方法を学ぶよりも、まずは嫌われない方法を知る必要があります。

嫌われない方法のうちいいなと思ったのは「余計な一言を言わない」「人によって態度を変えない」「4Dワードを使わない」の3つです。

余計な一言を言わない

「わたし犬を飼ってるんだけどすごく可愛いんだ!」といわれてなんと返しますか?

余計な一言を言う人は「わたし犬嫌いなんだよね」などと返します。

また、「あなたは犬好きですか?」という質問に対して正直に「嫌いです」と答えたりします。

ここで大事なのは相手の気持に寄り添うことです。

「わたし犬を飼ってるんだけどすごく可愛いんだ!」と言われたら、「へー犬好きなんですね」でいいですし、「あなたは犬好きですか?」と聞かれたら「飼ったこと無からわからないけど、きっとかわいいんですね」と返せばいいです。

あなたが嫌いでもそれを正直に伝える必要はありません。

人によって接し方を変える

これは結構多くの人がやってると思います。

相手の立場や役職によって態度を変えることは信用をなくす行為だと書かれていました。

立場によって態度を変えるということは「目下の人や立場が下の人に対しては横柄に接していい」という価値観で生きているということを公言しているようなものです。

目上の人に接するのと同じように、相手の立場に関係なく丁寧に接することが大切です。

4Dワードを使わない

4Dワードとは「でも」「だって」「どうせ」「だめ」の4つです。

これらの言葉は使いすぎると相手にネガティブな印象を持たれます。

まとめ

人に好かれる話し方で重要なのは聞き方でした。

人は自分に興味を持ってくれる人をすきになります。

拡張話法などをうまく活用し、わたしはあなたに興味がありますということを伝えることが効果的です。

また、好かれる話し方以上に嫌われない話し方が重要でした。

嫌われないためには、「余計な一言は言わない(バカ正直に言わない)」こと「立場によって態度を変えない」こと「4Dワードを使わない」ことが大切でした。

この記事を読んで少しでも興味が出たら、ぜひ手にとって見てください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事